さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都江戸川区篠崎町7-3-10

​中華料理屋 東興軒の裏手にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

◎エキテンかんたん予約です。

​登録が必要になりますが、便利ですので是非ご登録してください♪

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.

頭痛のお悩み

​色々なタイプの頭痛

頭痛は、程度は様々ですが、多くの方がお悩みをお持ちのようです。

天気の悪い日にだけなる頭痛、生理前になる頭痛、など、限定的な頭痛から、一日を通してずっと痛くて、お薬が手放せないタイプの頭痛までいろいろあります。

 

現代医学的には、頭痛は以下の3タイプに大きく分かれます。

片頭痛(偏頭痛)」「緊張型頭痛」「群発頭痛

 

簡単に説明すると、脳の血管が拡張して起こるタイプの頭痛が「偏頭痛」、脳の周りの筋肉が緊張し、頭痛が起こるのを「緊張型頭痛」、アルコールなどをきっかけに、目の奥をキリで刺されるような痛みが出るのを「群発頭痛」と分類しているようです。

 

原因は、どのタイプの頭痛もはっきりとしたものはなく、「ストレス」という表現になっています。

これらの頭痛でお悩みの方は、痛みを感じる時に頭痛薬を飲むのではないでしょうか。

しかし、これが長期間になると、痛み止めに対して耐性が出来、効きが悪くなってしまいます。

天気や自分の体調を察して「痛みが出そう」というタイミングで早めに飲まれる方もいらっしゃいます。

頭痛が出ると、何もやる気が起きなくなってしまいますものね。

お気持ちはわかります。

普段は頭痛など出ない方が、痛み方が強い頭痛が出ると脳血管障害など、別の疾患も疑いが出てきます。

特に、ハンマーで殴られたような激しい痛みが出た際は、要注意です。一刻も早く病院へ行ってください。

そこまででなくても、心配になってしまったら、思い切って検査をする方が良いと思います。

気にしている状態、心配が長く続くのは、体の他の部分にも影響が出てきてしまいます。

​頭痛に、やさしいはりを。

検査しても異常がない、しかし頭痛は一向に治まらない。

この段階まで来て、ようやく鍼灸での治療という選択肢が出てくる方が多いのではないでしょうか。

実際に、当院に来られる方は、病院で薬を処方されてるが、良くならない。頭痛外来に行ってるが、そこで処方される薬だけでは治まらず、市販薬も飲まれるという方もいらっしゃいます。

 

頭痛に対しての鍼灸治療はとても有効です。

他の病気やお悩みと同じように、経絡の変動を見て、証を立てていくわけですが、頭のどこが痛いかによって、ある程度絞って考えられるのです。

頭頂部の頭痛・・・肝経

側頭部の頭痛・・・胆経、三焦経

後頭部の頭痛・・・膀胱経

前頭部の頭痛・・・胃経、膀胱経

などなど・・・

 

また、痛み方によっても、その経絡がどういう状態にあるのかも判断出来ます。

シクシクとした痛み、重だるい感じの痛み方をしていれば、その経絡が虚しているのではないかと考えられます。

ズキズキと、強い・激しい痛み方をしていれば、その経絡に邪があるのではないかと考えられます。

もうこれだけで、「証」がある程度予想がついてしまいますね。

しかし実際にお体を診ないとわからない事もたくさんあります。

痛み方としては、ズキズキ痛んでるけど、お体の状態は虚を示している場合もたくさんございます。それは特に、普段からお薬で痛みを抑えている方に多いような印象を受けます。

痛みは体が発してるサインの一つなので、痛み止めで抑えてしまうと、サインを無視してしまう事になるので、体の状態が複雑になってしまうのですね。

 

一人ひとりに合った治療が出来るのは、このような複雑に症状が出ている場合にとても有効です。

痛みが出たら薬を飲んで抑えるのではなく、頭痛が出ないお体にしていくのが理想的ではないでしょうか。

是非長い期間お悩みの方は鍼灸治療をご検討下さい。