さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都江戸川区篠崎町7-3-10

​中華料理屋 東興軒の裏手にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

◎エキテンかんたん予約です。

​登録が必要になりますが、便利ですので是非ご登録してください♪

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.

生理のお悩み

生理痛は当たり前?

生理のお悩みは、程度も種類も様々です。

生理痛で言えば、始まると仕事や学校にも行けない位の状態になってしまうくらい重い人から、普段の生活には全く支障がない程度に済んじゃう人もいます。

PMS(生理前症候群)もあります。生理の一週間前くらいから、精神的に不安定になったり、イライラしたり、頭痛やむくみが出てくる症状ですね。

周期のバラつきも問題になります。遅かったり、早かったり、または月によってバラバラな方もいます

出血量の違いもあります。いつもより多いだけで、途端に不安になってしまったりもあるようです。

 

そもそも大前提として、生理痛はない状態が正常な状態です。

テレビのCMなどの影響で、生理痛があるのが当たり前のように感じている方も多くいらっしゃるようですが、実際はそんな事はありません。

もちろん、少し重さが出たりはするようですが、「痛み」や「日常生活に支障」が出ているのはその時点で何らかの原因があります。

 

生理痛の原因は様々ありますが、現代医学的には、プロスタグランジンの作用や、黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加によって起こされる体の変化に自律神経が対応出来ていない事などがあげられます。

また、器質性月経困難症と言って、子宮筋腫や子宮内膜症といった子宮や卵巣に原因があり、生理痛が起こっている場合もございます。

生理痛があるのが当たり前だと思っていて、当たり前のように痛み止めを飲まれていると、子宮筋腫や子宮内膜症のような病気を見逃してしまいます。

痛み止めは辛い症状を一時的に楽にしてくれるものですが、痛みを抑えているだけです。治るわけではありません。それだけリスクのあるものだという認識を持って、使用する時には十分考慮して頂けると幸いです。

東洋医学的に考える生理痛

では、東洋医学的にはどのように考えるのでしょうか。

お体の状態によって、大まかにタイプを分ける事が出来ます。

 

瘀血タイプ

血の流れが滞っている場合に起こるタイプの生理痛です。血の塊が出るような時は、このタイプかも知れません。

 

陽虚タイプ

体を温める「陽」の気が不足する事によって、体が冷えている状態によって起こる生理痛です。締め付けられるような痛みが出て、温めると楽になるのが特徴です。

 

気滞タイプ

気の流れが滞ることによって起こる生理痛です。一般にストレスが溜まっていると起こりやすいと言われています。このタイプは生理前の段階が一番辛く、生理が始まるにつれて楽になっていくパターンが多いようです。

 

気血両虚タイプ

このタイプは、「気」も「血」もどちらも足りていないタイプです。疲れすぎている人や、元々の虚弱体質、もしくは全然眠れていない人などに多いです。

 

このようになります。

しかし、実際に生理のお悩みを抱えている方の多くは、これらの症状が複合して出ている場合がほとんどです。

一概に、このタイプの方にはこのツボをオススメします。というような事は言えません。

実際にお体の状態を診て、適切な治療を加えて行かなくては本当の意味での治療は出来ません。

インターネットを通じて、何でも調べられる世の中になっていますが、人の体はそれぞれ違います。

ある人には効いたツボも、ある人には全く効かない事もたくさんあります。

 

おひとりで悩んで「もしかしたら大きな病気なのかも・・・」と、不安になってしまう前に、まずはお気軽にご相談下さい。