• さとふ

随証療法について

こんにちは!

さとふ鍼灸院です。


今回は「随証療法(ずいしょうりょうほう)」についてお話していきたいと思います!



随証療法とは


「証(あかし・しょう)に随う(したがう)」と書いて随証療法です。

つまり、四診を通して得た「証に対しての治療」をするという事になります。

これは、「病名」や「お悩み」に対して治療するのとは大きく違います。


「証に随う」為に、まずは証を決めなくてはなりません。


証を立てる


お体の状態を把握する、四診は欠かせないものです。

詳しくは四診についてをご覧ください。

簡単に説明すると、

今の症状がどういった過程で出たのか、どんな時に辛くなるのか、症状についてのお話に加え、食欲・睡眠・便通についても詳しくお聞きします。

そしてそれに伴って、体にどんな反応が出ているのかを、手足、お腹、脈など、お体全体をよく観察します。

皮膚の張り感が左右で違っていたり、お腹の下の方だけ冷えていたり、押されると左右で痛みの違いがあったりと、自分では気づいてない反応が出ているものです。

お話の内容、実際に体に触れての確認を総合的に考えます。

そうすると、例えば

「この人は肝の力が弱くなっている事によって、体の釣り合いが取れなくなっている」

というように、今お体がどのような状態になっているのかがわかります。

そして、この状態を良くするには、どこのツボに、どのような目的の鍼をすれば良いのかを考えます。

これを「証(あかし・しょう)を立てる」と言います。


証が立てば、あとは決まったツボに鍼をすれば良いというものではありません。

その人のお体の状態に合った鍼をする必要があるからです。

敏感そうな人であれば、鍼はより細いもの、もしくは「てい鍼」を使う必要がありますし、鍼の角度も気を付けなくてはなりません。

良い方向に向かっているかどうかを、切診をして確認しながら治療を進めていきます。


同病異治、異病同治


証を立てるという事は、「このお悩みには、この証が立つ」という単純なものではありません。

お悩みの種類によって「この証が立ちやすい」という傾向はありますが、それも人によってバラバラです。

これを同病異治と言います。

同じ病でも治し方は異なる」という意味です。

それとは逆に、全然違うお悩みでも、証は同じになる場合もあります。

これを異病同治と言います。

例え同じように体の釣り合いを崩しても、出てくる症状は人によって違うという事です。


なぜ随証療法が必要なのか


証に随った治療を続けていると、「その人に合った体」になっていきます。

これは「それぞれの価値観の健康」に近づくものだと思っております。

お悩みの症状や、病名にどうしても意識は行きがちです。

しかし、自分の体全体に意識を向けると、違った答えが出てくるかも知れません。


鍼とお灸を使って、お手伝いさせて頂きます。


さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都 江戸川区 篠崎町 7-3-10

中華料理屋 東興軒の裏にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

◎エキテンネット予約です。

​ネット予約はコチラからお願い致します。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.