• さとふ

東洋医学的に体を診る(陰陽論)


こんにちは!さとふ鍼灸院です。

今回も前回に引き続き「東洋医学的に体を診る」の2回目です。

今回は「陰陽論」についてお話していきたいと思います。



陰陽論



陰陽

上のマーク、見た事ありませんか?

これがまさに陰陽を表しています。

白い部分が陽を表していて、黒い部分が陰を表しています。

では、具体的にはどういう事なのでしょうか。

陰陽-Wikipedia-より引用

陰陽(いんよう、拼音: yīnyáng、英: yin - yang)とは、中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から(いん)と(よう)の二つのカテゴリに分類する思想。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つの気であり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる。

・・・と、これだけでは難しくて何がなんだかわかりませんね。

簡単に言うと、「この世の全てを陰と陽に分類して考える」という事です。


これで終わりじゃあ説明になってないので、もうちょっとわかりやすいように陰陽の特徴から説明したいと思います。


陰陽の特徴


陰陽には4つの特徴があります。

  • 対立と制約

あらゆる事物を対立・制約しあう二つの側面からとらえること。

例:上と下、外と内、昼と夜など。

  • 相互依存

対立しているということは、相互に依存していることと同義になる。

例:上がなければ下はない、外がなければ内はない、など。

  • 消長平衡

陰陽は不変の状態ではなく、常に不断の運動変化がある。

例:季節(四季の移り変わり)、気温の日内変動など

  • 相互転化

緩やかな変動だけでなく、正反対の方向に転化することもある。

例:陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる(体が冷え切って風邪を引いてしまい、熱が出るなど)


以上のような特徴があります。


こうやってまとめると、日常生活のあらゆる場面に陰陽論はあるわけです。

例えば「ぽかぽか陽気」なんて言いますが、まさにこれは春先の「陽の気」がいっぱいの状態を表している様子です。

でもこれは、冬の寒い時期があるからこそ実感出来る事です。

どちらも存在していないと概念そのものがないですよね。


多分ですが、常夏の島にずっといたら、「ぽかぽか陽気だなぁ~」とは感じないのかも知れません。

「いつも通りの気候だ~」と思うのではないでしょうか。


陰陽で人を診る


では、この陰陽論を人に当てはめて考えてみます。


まずは性別です。

女性であれば「」、男性であれば「」です。


では、体格ではどうでしょうか。

筋骨隆々逞しい体格をしていれば「陽」です。

華奢弱々しい体格をしていれば「陰」です。


人柄を考えてみます。

陽気な人」と言われれば、明るい、活発な人を思い浮かべますし、

陰気な人」と言われれば、何となくネガティブで冷たい人を思い浮かべるかと思います。


では、男性だから全部「陽」に偏っているか?と考えたら、それは違いますよね。


男性(陽)でも華奢で弱々しく(陰)ネガティブで冷たい人(陰)はたくさんいらっしゃいます。


逆に、女性(陰)逞しい体格(陽)をして、明るく活発な人(陽)もたくさんいらっしゃいます。


この人はどういった偏りがあるのかを診ているわけです。

これは最後に書く「その人に合った状態」に導く為に重要になってきます。


※陰陽論だけで判断する事は少なく、次回お話する五行論と絡めるので、実際はもう少し複雑なものになります。


陰陽虚実


陰陽論を治療に活かす上で、どこに病があるのか(病位)も重要になります。

  • 体の深い所(陰)

  • 体の浅い所(陽)

浅い所であれば、皮膚表面等をイメージしても良いですし、体の深い所であれば内蔵だったりをイメージするのでも良いと思います。


また、病の特徴として、

  • は一般的には病歴が浅く急性を持っている傾向があります。

  • 病歴が長く慢性化していて冷えの傾向があります。

病位病の特徴がわかったら、次は虚実を考えます。

  • 正気が不足力のない状態であれば「

  • 邪気が盛んで、激しく動いていれば「

といった具合に、体のどこに問題があり、どのような状態になっているかを診るわけです。


例えば、一般的な風邪の症状が出ている人は陽実証になっている場合が多いです。

簡単に説明すると、

体の表面から「風邪(ふうじゃ)」(外邪の一つ)に冒されて、熱や咳が出ます。

外邪に冒されてすぐは、病位はにありますし、が出ているので病の特徴です。

邪気が入り込む事により出ている症状ですので、虚実で考えればです。


この段階で適切に治療が出来れば、長引く事もなく風邪はすぐに治ります。


しかし、症状だけに目を向け薬だけで対応していると、時として、外邪は出ていかずに長引き、どんどん邪実が体の深くまで入り込んでしまい、慢性化してしまう事もあります。

いつまで経っても咳が治らない」というような陰実証にまで及ぶ事もあります。


その人に合った状態


この陰陽の難しい所は、その基準は人によって違うという事です

もちろん、風邪症状ではっきりと邪実があるようなケースは、取り除く事が大前提としてあります。

しかし、脈やお腹の状態で確認し、ある程度理想的な脈に導けたとしても、時としてあまり良い反応が出ない時もあります。これは、その人に合った状態に出来ていなかった事が原因の一つとして考えられます。

こういう事が起きないようにする為に、初めての方には十分に時間をかけてお話をお聞きし、陰陽で人を診るで書いたように、陰陽の偏りはないかを診て、敏感そうであれば刺激量は少なめにして様子をみないと、過剰に反応が出てしまうケースもあります。


逆に言えば定期的に通って下されば、体の傾向がわかっている為、ちょっとしたバランスの変化、気血の変動が分かる為、未然に病にかかるのを防げるようになります。

これを未病治という言い方をします。


まとめ


陰陽論についてと、治療にどのように活かしているのかを書いてきました。

あらゆる事を陰と陽に分けて考えて、そのバランスを保つ事で健康な状態に導けます。


次回は五行論についてまとめていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

気血

こんにちは! さとふ鍼灸院です。 今回は「気血」についての記事です! お悩みの症状を気血の変動として観察する事が大事という事を随証療法についての記事にも書きました。 では、気血の変動の「気血」とは何でしょうか。

随証療法について

こんにちは! さとふ鍼灸院です。 今回は「随証療法(ずいしょうりょうほう)」についてお話していきたいと思います!

どの位の期間通う必要があるのか

こんにちは!さとふ鍼灸院です。 今回は、初めての方によくされる、 「どの位の期間通う必要があるのか」 というご質問について、当院での考えを交えてお答えしたいと思います。

さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都 江戸川区 篠崎町 7-3-10

中華料理屋 東興軒の裏にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

◎エキテンネット予約です。

​ネット予約はコチラからお願い致します。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.