• さとふ

東洋医学的に体を診る(歴史)


こんにちは!さとふ鍼灸院です。

今回から3回に分けて、当院でよく謳っている「東洋医学的に」とか「東洋医学に基いた考え方」について、ちょっと深くまで踏み込んだ記事を書いてみたいと思います。



東洋医学の歴史


東洋医学を説明をする上で、どうしても「気の概念」がある前提でお話が進みます。

「気」は目には見えませんので、どうしても「うさんくさい」「怪しい」物に思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、決してそんな事はありません。

ちゃんと歴史のある、理論のあるものなのです

治療を受ける上で、歴史や理論を理解している必要は一切ございません。

しかし、少しでも興味を持って頂けると普段の生活での養生のヒントになったり、未病を防ぐヒントになったりします。

なるべくわかりやすい言葉を選んで書きたいと思いますので、目を通して頂けると幸いです。


まず1回目は、東洋医学の歴史について少し触れたいと思います。


東洋医学の定義


東洋」と一言で言っても広い意味があります。

ですので「東洋医学」も広い意味で考えると少々ややこしくなってしまいます。

アーユルヴェーダ(インド)まで含まれる事もあるようですからね。

当院で謳っている「東洋医学」は下記の一文です。

(※厳密に言うと、中医学との違いもあるのですが、ここでは省略させて頂きます。)


東洋医学-wikipedia-より引用

現在日本の伝統医学業界では、古典医学書に基づく薬物療法・漢方医学と、経穴などを鍼や灸で刺激する物理療法・鍼灸医学、両者を合わせて東洋医学と呼んでいる。

ですので、当院で謳う東洋医学は、日本の伝統鍼灸医学の事を指しているとお考え下さい。


では、「古典医学書に基づく」と言っても、どれくらい昔の古典が元になっているのか。

最も古い中国医学古典と言われているのが「黄帝内経(こうていだいけい)」というものになります。


黄帝内経(こうていだいけい)


およそ2000年も前に書かれているものと言われています。(※諸説あり)


黄帝内経-Wikipedia-より引用

『黄帝内経』(黄帝内剄、こうていだいけい、こうていだいきょう、こうていないけい)は、現存する中国最古の医学書と呼ばれている。古くは『鍼経』(しんきょう)9巻と『素問』(そもん)9巻があったとされているが、これら9巻本は散逸して現存せず、現在は王冰(おうひょう)の編纂した『素問』と『霊枢』(れいすう)が元になったものが伝えられている。黄帝が岐伯(きはく)を始め幾人かの学者に日常の疑問を問うたところから『素問』と呼ばれ、問答形式で記述されている。『霊枢』は『鍼経』の別名とされ、『素問』が基礎理論とすると、『霊枢』は実践的、技術的に記述されている。

上にも書かれている通り、黄帝内経には、「素問」・「霊枢」があります。


  • 素問・・・生理・衛生・病理などの、医学理論の解説に重きが置かれている内容。

  • 霊枢・・・診断・治療法・鍼灸手技などの、臨床医学に重きが置かれている内容。

この二つの内容を全て理解出来ていたら凄いのですが、何せものすごい量です。

私も少しずつ読み進めて理解を深めている最中です。


この素問と霊枢以外にも、鍼灸師には避けて通れない「難経(なんぎょう)」という書物もあります。


難経(なんぎょう)


難経-Wikipedia-より引用

内容は『黄帝内経』に沿っており、これを鍼法に絞って体系化したもので、脈法と脈論が中心である。現存する『黄帝内経』にはない独自の内容もあり、鍼灸術や、日本の漢方の一派・後世派の治療方式、基礎理論にかなり取り入れられている。

鍼灸師の為の攻略本!という表現をされている先輩もいます。

黄帝内経に書かれている、特に難しいところを問答形式で論説している書物になります。


どの本も、原文はもちろん白文(漢字のみ)なので、色々な先生方が出されている訳本を頼りに勉強しなくてはならないのですが、その先生によっても解釈が微妙に違ったりします。

これが鍼灸の面白いところであり、難しい所ですね・・・。

これ以外にも、東洋医学に関する古典は様々あります。


現代で古典医学書が通用するのか


それにしても、「こんな大昔の医学書が、現代の人に当てはまるのか!?」

と、疑問にお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、全部が全部書かれている通りにはなりません。

しかし、何千年経とうが、人の根本的な部分は変化してないと思います。


ただやはり環境の変化や、栄養状態の変化はあります。

食べ物は品種改良され、本来酸味の強いものが、甘みの強い物に変化したり、本来の季節でないものが一年中出回っていたりと、昔と違う部分は大いにあります。

栄養状態も昔とは違い「足りてない」よりも「摂り過ぎている」方が多いのではないでしょうか。

ですので、古典に書かれている通りのような体の状態にはなっていない事は多々あります。


そこで、お悩みの症状を良くお聞きし、実際に体に現れている変化を、お腹、手足の皮膚の状態を確認しながら、お体がどのような状態になって、お悩みの症状が出ているのかをしっかりと見極めて、その状態に合った治療をしていかなくてはなりません。


まとめ


大まかにですが、東洋医学の歴史について触れてみました。


当院で言う「東洋医学」とは、日本の伝統鍼灸を指します。

2000年以上前に書かれている古典医学書に基づきながらも、2000年前とは生活環境が大きく違います。

しかし、人間の根本的な部分は大きくは変化していません

現代のお悩みを解決する上でも、古典医学書の知識はとても大切なものです。


次回はその東洋医学的に体を診る上で欠かせない理論「陰陽論」のお話をしていきます。

最新記事

すべて表示

気血

こんにちは! さとふ鍼灸院です。 今回は「気血」についての記事です! お悩みの症状を気血の変動として観察する事が大事という事を随証療法についての記事にも書きました。 では、気血の変動の「気血」とは何でしょうか。

随証療法について

こんにちは! さとふ鍼灸院です。 今回は「随証療法(ずいしょうりょうほう)」についてお話していきたいと思います!

どの位の期間通う必要があるのか

こんにちは!さとふ鍼灸院です。 今回は、初めての方によくされる、 「どの位の期間通う必要があるのか」 というご質問について、当院での考えを交えてお答えしたいと思います。

さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都 江戸川区 篠崎町 7-3-10

中華料理屋 東興軒の裏にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

◎エキテンネット予約です。

​ネット予約はコチラからお願い致します。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.