• さとふ

食欲の変化

こんにちは!さとふ鍼灸院です。


今回は前回の自然治癒力についての記事に関連して、体調の変化に気付く為に日頃意識して欲しい「食欲の変化」についてお話していきたいと思います。


食欲に関しては、ホームページの方にもまとめてありますので、そちらも是非ご覧下さい。


お腹のお悩み



食欲の変化


まず、どういった状態が理想的な食欲の状態なのでしょうか。


ホームページでは、以下のように説明しています。

食欲は、お通じ以上に基準を決めるのが難しいです。生活スタイルによって、一日一食の方もいれば、一日三食以上摂る方もいます。明確に「このくらい食べるのが良い」と決められるものではありません。体に不調なく過ごせていれば、食欲も体に合ったものが出ているはずです。普段の食欲と比較し、どのような変化をしてるかが重要です。

理想的な食事のモデルはありますが、そこに無理して近づけようとする必要はありません。

あくまで自分の生活スタイルに合った食事の摂り方が体にとって負担が少ないものだと思います。


脾胃に負担をかけない


食事はおおよその時間が決まっていて、お腹が減っていようがいまいが、時間になったら食べなくてはならないという方が多いのではないでしょうか?

仕事のお昼休みはまさにそのパターンの方が多い印象です。


ここで気を付けて頂きたいのが、お腹が減ってないのに無理して食べる事は脾胃に大きな負担をかけるという事です。


お腹が減って「ぐ~」と鳴るのは、恥ずかしい事のように感じるかも知れませんが、これも体が発しているサインのひとつです。お腹が空いたとお知らせしてくれてるわけです。

お腹は減ってないけど、時間だから食べるというのは脾胃を休ませる事なく働き続けさせるという事です。


もちろん、お腹が空いたからといって、満腹になるまで食べ過ぎてしまうのも、脾胃に負担をかけるという意味では同じ事です。

これは食べても食べても満足感が得られないお腹の空き方をする方に多いです。

胃に熱がある時に出やすい症状になります。

胃熱だからと言って、冷たい物を食べれば良いという訳ではありません


食欲の変化を感じた時は、まずは脾胃に負担をかけている食事の仕方をしているかどうかを振り返り、脾胃を労わる事を意識してみて下さい。

脾胃が弱ると出る症状


脾胃は食事で摂ったもの(水穀の精微)を消化し、全身に送り届ける作用(運化と昇清作用)を持っています。

その脾胃に負担をかけ続けると、せっかく食べたものがしっかり全身を巡ってくれなくなってしまいます。これはつまり自然治癒力の低下に繋がってきます。


いくら栄養価の高いものや、テレビで話題の健康食材を摂ったところで、脾胃が弱っていては効果は半減どころか、逆効果になってしまう事もあります。


脾胃が弱って出てくる体の症状として一般的なのは、むくみ、全身のだるさ、疲労感などから、次の記事で詳しくお話する便秘・下痢にも深く関わってきます。

また、精神的な症状心の病・うつ病など)にも影響が出る事もあります。


腎が関係する食欲の変化


一般的に脾胃が弱ると「食べたくない」という食欲の低下が現れます。

しかし、「お腹が減っていざ食べようとすると、思ったよりも食べられない」というような食欲の低下が現れる時があります。

こうなってくると、今度は腎の変動が疑われます。

腎と脾は相剋関係になるので、釣り合いが取れていない事によって出てくる症状になります。

特に元気(原気)を消耗し、疲れ切ってしまった時に出やすい食欲の変化に感じます。

無理して食べようとせずに、まずは体をゆっくりと休める事を優先した方が良い場合が多いです。


美味しくご飯を食べるために


たまに好きな物を好きなだけ食べる日があるのは良いと思います。それがストレス発散に繋がるのであればとっても大事な事です。

しかし、それが連日になっては話が違ってきます。


普段の食事は、お腹が減っていない時は無理に食べない、もしくは汁物だけにする

お腹ががっつり空いても、しっかり噛んで食べて、腹八分目に抑える

三食とも・・・じゃなくても構いません。

とにかく脾胃をしっかり休ませる時間を作ってください


それでも食欲が戻らない、体調が悪い時は早めにご相談下さい。

次回は「お通じの変化」について詳しくお話していきたいと思います。

さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都 江戸川区 篠崎町 7-3-10

中華料理屋 東興軒の裏にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

◎エキテンネット予約です。

​ネット予約はコチラからお願い致します。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.