さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都 江戸川区 篠崎町 7-3-10

◎エキテンかんたん予約です。

​登録が必要になりますが、便利ですので是非ご登録してください♪

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

中華料理屋 東興軒の裏にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.

  • さとふ

四診について

こんにちは!さとふ鍼灸院です。


未病治についての記事の中で、「東洋医学には診察する術がある」と書きました。

脈やお腹を診て・・・と、わかりやすく簡潔にお伝えする為に書いてはいますが、これだけではやはり説明不足です。

本当はもっと細かい所までしっかり診ています。


今回から何回かに分けて、もう少し具体的にお話していきたいと思います。



四診の分類

まず診察するに当たって行っている事は、


望診・聞診・問診・切診


と、四つに分類する事が出来ます。


問診は聞きなれた単語かも知れません。

病院や接骨院などに行っても、先生から症状についてお話を聞かれますよね。


しかし、望診・聞診・切診は初めて聞く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

東洋医学的に診察するということは、問診でお話だけ聞いて、「この症状ならこのツボを使いますよ~」というような、単純なものではありません。


問診でお聞きした事を踏まえて、では実際にお体にはどのように反応として現れているのかを詳しく把握しなくてはなりません。


その為に、望診・聞診・切診を行います。


四診を総合的に考える

四診をしていく過程で、「〇〇のような症状は出ていないですか?」とお尋ねした時に「なんでわかるんですか!?」と、驚かれる事がありますが、決して特殊な能力があるわけではありません。笑

「なんでそんな検討ハズレな事聞くの?」という顔をされる事もございますので。笑


東洋医学には揺ぎ無い理論があります。

  • お体にこういう反応が出ているなら、こういう症状も出ているかも

  • 反応が出ているけど、症状としては出ていないのであれば、ここは大きく変動しているわけではないのだな。

など、今現在のお体の状態を正確に把握する事が出来ます。

ですので、お尋ねした事が当たってるのが凄いとか、そういう事を目的にしているわけではございません。


また、症状が長く続いていると、その状態が当たり前になってしまう事で、気にならなくなってしまう事もあります。

気になっていない」という事は「悩んでいない」に近いので、それはそうかも知れませんが、四診を総合的に考えるという事に関して言えば、ちゃんと把握しておけると治療に役立ちます。

普段から自分の体の事を意識して生活している人でさえ、一年前のお体の状態を常に覚えている人は稀です。

これまでの自分の体を振り返るきっかけと思って、思い返してみてください。


そして、四診で知りえた情報を総合的に考えて治療に臨みます

この「総合的に」というのがポイントです。

最後の決め手にするのは「切経」の中に含まれる「脈診」になるのですが、ここにだけ注目してしまうと見誤ってしまう事もあります。


次回の記事から、望・聞・問・切を細かく説明していきたいと思います。