さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都 江戸川区 篠崎町 7-3-10

◎エキテンかんたん予約です。

​登録が必要になりますが、便利ですので是非ご登録してください♪

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

中華料理屋 東興軒の裏にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.

  • さとふ

東洋医学的に体を診る③

こんにちは!さとふ鍼灸院です。

3回に分けてお送りしています「東洋医学的に体を診る」の3回目、最後になります。

前回は陰陽論についてのお話でした。

今回は五行論についてお話していきたいと思います。



五行論(五行説)


五行の図

図で表すと上のような形になります。

実線が相生関係、点線が相剋関係を表しています。

陰陽論と同じく大事な理論が、五行論です。

五角形が矢印で繋がっていて、その中に更に星型の矢印がありますね。

この矢印の方向もちゃんと意味があります。

では、これをもう少し具体的にお話していきます。


五行思想-Wikipedia-より引用

五行思想(ごぎょうしそう)または五行説(ごぎょうせつ)とは、古代中国に端を発する自然哲学の思想。万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説である。また、5種類の元素は「互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する」という考えが根底に存在する。西洋の四大元素説(四元素説)と比較される思想である。

陰陽論では、2つに分けて考えていますが、五行論では万物を5つの性質に分けて考えます。

この5つというのが、図にも描かれている通り、「木・火・土・金・水」になるわけです。


それではもう少し具体的に、まずは「季節」を五行に分類して考えてみましょう。

「木:春」「火:夏」「土:土用」「金:秋」「水:冬」

と、このように分類出来ます。

※ここで言う土用というのは、立夏・立秋・立冬・立春の前のそれぞれ十八日間の事です!土用の丑の日の事だけを指しているわけではありません。


次は「感情」を五行に分類してみましょう。

「木:怒」「火:喜」「土:思」「金:憂」「水:驚」


続いて「味」を五行で分類してみます。

「木:酸」「火:苦」「土:甘」「金:辛」「水:塩辛い」

このようになります。


最後に、お体を診る上で最も大事な「臓腑」も五行に分けます。

「木:肝・胆」「火:心・小腸(心包・三焦)」「土:脾・胃」「金:肺・大腸」「水:腎・膀胱」

※東洋医学でいう所の臓(心、肝、腎など)は、一般的に考えられている心臓、肝臓、腎臓などとは違った見方をします。


他にもまだまだあるのですが、とりあえずこの位にします。


このように分類して、どういった意味があるのかと言うと、例えば「毎年になると体調を崩しやすく、普段からイライラしたり怒りっぽい性格をしている。酸っぱい味が好みでよく食べる。」という方がいらっしゃった場合に、肝の変動が起こりやすい体質ではないかと考えます。


これに加えて、前回の陰陽論と併せて、肝が虚の状態なのか、実の状態なのかまで診ていく必要があります。


しかし、実際はこのように綺麗に肝の変動が考えられるような状態を表している事は少なく、例えば「毎年に体調を崩しやすく、普段から思い悩みがちで、甘い物をついつい食べてしまいがちである。」というように肝と脾の変動が考えられるようなパターンもあります。そこで五行の特徴である相生関係と相剋関係が出てきます。

5つに分けるだけでなく、それぞれが影響し合っているという風に考えます。


相生関係

母子関係と言うとイメージしやすいかも知れません。

木から火が生まれ、火から土が生まれ、土から金が生まれ、金から水が生まれ、そして、水から木が生まれる。このように、隣あってる性質は、母と子の関係になっている訳です。

図で言う所の五角形になっている外側の実線が、相生関係を表していますね。


相剋関係

こちらは夫婦関係という言い方をします。

木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、そして、金は木を剋します。

お互いが調整、制御しあう関係になっています。

図で言う所の、中側の☆型の点線になっている部分が相剋関係を表しています。


では、この相生関係、相剋関係がどのように治療に活かされているのか。


上に挙げた、肝と脾に変動がある患者さんを例に考えてみます。

肝と脾は、図で言うと相剋関係に当たります。

肝の力が強すぎると、脾の力を抑えこんでしまう状態になってしまうのです。

逆に、肝の力が弱いと、脾の力が強くなりすぎてしまう可能性も出てきますね。

どちらが弱くなっている(虚)のか、強くなっている(実)のかがとても重要になってきます。

また、相生関係も重要になってくるので、弱くなっている方の母の様子はどうなっているのか、子の様子はどうなっているのかも重要です。(肝が弱くなっていれば、母にあたる腎の様子はどうなっているのか、子にあたる心の様子はどうなっているのか)

この虚実の判断を、脈やお腹の状態をよく観察して決めるのです。


以上の事を総合的に考えた上で、どこにまず治療を加えていくのかを決めています。


3回に分けて難しいお話が続きました。

もちろん、当院での施術を受ける上で、この内容を知っておく必要は一切ございません!

ただ、何をやられるんだろう・・・とか、東洋医学ってどんな事なの?と、疑問に思われる方は、何となくでもイメージしてもらえると良いかなと思い、今回の記事を作成致しました!


今回の記事は以上になります!