精神疾患(うつ病、適応障害等)

心の病とは

心の病や、精神疾患と聞くと「うつ病」や「適応障害」「統合失調症」等をなんとなくイメージされるかも知れません。

ひと昔前よりは、これらの病名に対しての世間のイメージは寛容になってきているのでは…と思いますが、まだまだ理解されないケースも多いかと思います。

 

しかし、心の病と言っても、決して上記のように病名がつくものだけではありません。

 

そもそも東洋医学には心身一如という考え方がございます。

 

心と身体はひとつです。

些細なストレスでイライラが募り、肝木経の変動が出てくる事もあります。

悲しい出来事があって、肺金経の変動が出てくる事もあります。

思い悩み、考え込む事が続いて、脾土経の変動が出てくる事もあります。

等々…

これらは、東洋医学的に考えれば自然な事です。

 

特にこれまでと変わった事はしていないのに、急に肩が凝るようになった、腰痛が出てきた…。

これらは感情の乱れや、精神的な負荷によって経絡に変動が生じれば、十分に起こりうる事です。

長年悩んでいた症状が、犬を飼ったり、夢中になれる趣味を見つけたら、見違える程良くなったなんて話も実際に私の周りでございます。

このような場合、心の病が癒されたと考えるのが自然ではないでしょうか?

​心の病が癒されれば、特別な治療をしなくても、体は勝手に良くなります。

では、冒頭に挙げたような「うつ病」のように一般的にイメージする心の病についても考えてみます。

 

気分が落ち込みがちで、何もやる気が起きない。

一時的なものであれば、誰しも経験がある事なのではないかと思います。

しかし、それが長期化すると話が違ってきます。

今はなんでもネットで簡単に調べられる時代です。

「うつ病」と検索し、いくつも症状が当てはまると益々不安になりますね。

しかし、病院に行って薬を出されるようになると、ずっと飲み続けなくてはならない。

薬を止めるのには大変な苦労を伴う。

こうのような情報も同時に出てきます。

薬漬けになるのは嫌だ、しかしこの現状はどうにかしないといけない、しかし…と、思い悩んでいるうちに症状は悪化していく事もあります。

 

うつ病の主な症状についてまとめてみたいと思います。

  • 抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)

  • 疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める

  • 思考力が落ちる

  • 食欲がない

  • 体がだるい

  • 疲れやすい

etc…

まだまだ症状は他にも書いてありますが、ここで注目して頂きたい事があります。

これらの症状は東洋医学的に考えるとほとんどが脾土経の変動、もしくは脾土経と相克関係に当たる経の変動によって起こる症状なのです。

 

これらの症状が出始めた段階であれば、薬に一切頼る事無く、東洋医学に基づいた鍼灸治療で十分に対応出来るのです。

 

病院に行くのに抵抗のある方は、まずは「東洋医学に基づいた鍼灸治療」という選択肢もあるという事を知っておいて頂けると幸いです。

既に精神疾患、心の病で通院されている方へ

メンタル系の薬は飲み始めると止める事が難しい事が非常に多いです。

それどころか、副作用に対しての薬が出されるなど、どんどん薬の種類や量が増えてくる事もございます。

そうなると、減薬どころか一生薬を飲み続けなくてはならないのではと不安になってきます。

これはどこかで断ち切らなくてはと、考えれば考えるほどメンタルは落ち込んでいく傾向にあります。

 

どうか焦らないで下さい。

減薬し、最終的には薬を完全に断ち切る必要がありますが、焦って頑張りすぎると、逆に負担をかけて離脱症状が出る事もございます。

実際に減薬をする際は、通院されている病院で相談しながら、慎重に進めていく事が大切です。

三歩進んで二歩下がる位の心の持ちようで減薬していけるのがベストだと考えております。

 

了承頂けた患者さんの症例をブログに書かせて頂いております。

減薬をお考えの方は是非一度目を通してみてください。

精神疾患の症例

さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都 江戸川区 篠崎町 7-3-10

◎エキテンネット予約です。

​ネット予約はコチラからお願い致します。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

中華料理屋 東興軒の裏にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.