肩こり・腰痛のお悩み

現代の国民病

多くの方が、程度の違いはあれ

肩こりや腰痛で

お悩みをお持ちです。
もっとも身近な国民病

なんて言われ方もします。
マッサージや整体を受ける方も

多いのではないでしょうか?
それで楽になってしまえば

問題ありませんね。


慢性の肩こり・腰痛

当院にいらっしゃる方は

「マッサージを受けてもすぐに戻る

「マッサージを受けても変わらない

という方がほとんどです。
また

「マッサージは揉み返しが出て苦手」

という方もいらっしゃいます。
 
肩こりや腰痛でお悩みの方は

どうしても「筋肉」や「姿勢

体の歪み」などを意識します。
実際にこり固まっている

部分が気になるのは当然ですし

テレビやネットで調べられる情報は

その点に関して語られる事が多いです。

 

しかし東洋医学の視点から

お体全体を診る

局所だけの問題でない事がわかります。
姿勢が悪い人、筋肉のこりがある人が

必ず肩こりや腰痛で悩まされてますか?
実はそんな事ありません。
「肩がこってますねぇ」と

他人に指摘されて

初めて自覚する人もいらっしゃいます。

 

肩こり・腰痛の自覚

 

未病治の記事にも書きましたが

東洋医学では主観を大事にします。
例え他人に触ってもらい

これ位の硬さなら大した事ないよ

これくらいじゃ肩こりではないよ

と言われた所で

本人が肩こりの自覚を持っていれば

それは肩こりです。
触っても硬くはないが

肩こりの自覚があるという事は

後述する気の変動によって

起こっている肩こりである

可能性があります。
このような時に

例え強くマッサージをしても

その時は気持ち良いかも知れませんが

後になって揉み返しが出たり

すぐに元に戻ってしまう訳です。
 

肩こり・腰痛の原因は?

痛みや凝りは東洋医学的に考えれば

気血の変動によって起こります。
それは

筋肉や骨盤、姿勢の歪みによって

出るものとは限りません。
脈やお腹、手足の皮膚の状態で

お体全体を確認すると

皮膚の緩み、突っ張り感など

一見なんの関係もなさそうな所に

気血の変動として現れています。

どこに痛みがあるのか

どこに凝りを感じるのかも

重要になってきます。
一口に肩や腰といっても

範囲は広いです。

どこに症状があるかによって

流れている経絡は変わります。


どの経絡の変動か

肩こりであれば肺経
腰痛であれば肝経腎経の変動を
まずは注意深く観察します。
しかし、実際は肩も腰も

どの部分に症状が出ているかによって

巡っている経絡は違ってきます。
そして

相剋関係の考え方も必要になるので

結果的に

体全体を診る必要があるわけです。
特に肩こりが悪化すると

頭痛まで出てくる方のように

他の症状も伴ってくる場合は

お体全体を診る必要性が増してきます。

 

他にも

例えば肺経の変動による

肩こりなのであれば
肌が弱い(かぶれやすい、乾燥肌)

慢性的な鼻炎

呼吸器疾患があるなど、
肩こりとは直接関係ないでしょ?

と思うような症状も

東洋医学的には深く関係してきます。

ですので

例え肩の症状であっても

まずは足にある経穴(ツボ)

使う事もありますし

腰の症状であっても

手の経穴(ツボ)を使う事も

多々あります。

 

もちろん

姿勢の問題や、筋力の問題が

関係ないとは言いません。
姿勢が良いに越したことはないし

筋力もあった方が良いです。
しかし、それだけが

肩こり、腰痛の原因ではない

という事だけは

覚えておいて頂けると幸いです。

やさしい鍼

​お悩みにお応えします。
 

さとふ鍼灸院ロゴ

〒133-0061 ​東京都 江戸川区 篠崎町 7-3-10

中華料理屋 東興軒の裏にございます。

​Googleマップのリンクはコチラ

◎エキテンネット予約です。

​ネット予約はコチラからお願い致します。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram
LINE_APP.png

© Copyright さとふ鍼灸院 All rights reserved.